住宅医の仕事 ・ 住宅医の取組から住宅ストックの今と建築士の役割を考える

概 要OUTLINE

既存住宅の調査診断から改修、維持管理を得意とする技術者の育成を目的としている住宅医の取組は、地元林 産業振興の一環として 2001 年に開学した岐阜県立森林文化アカデミーの活動から始まりました。

同学校では地域 の森林や木材に関する様々な教育が行われていますが、美濃和紙の産地として知られる美濃市に位置し、伝統的 な民家が数多く残る過疎地でもあることから、既存住宅を治して活かすというニーズも多く、地域材を活用した 木造建築づくりのもう一つのテーマとなりました。

住宅医は樹木医を参考に命名したもので、英国の建築病理学 をヒントに開講させた木造建築病理学講座から人材育成の取組が始まり、現在は一般社団法人住宅医協会による 住宅医スクールを毎年東京と大阪で開催しています。

人口減少、高齢化社会、空家問題から性能不足、劣化、違反建築など、現在の住宅ストックが抱える様々な課 題に対して、国も多種多様な施策を打ち出しています。本セミナーでは、住宅医の生まれた背景やこれまでの取 組事例を通じて、住宅ストックに対して私たち建築士ができることについて、皆さんと一緒に考えたいと思いま す。

詳細情報DETAIL

開催日
2019.05.09
時 間
18:30〜20:30
会 場

JIA館 建築家クラブ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18

交通案内

銀座線外苑前駅より徒歩約15分

講 師
滝口建築スタジオ一級建築士事務所 滝口泰弘 氏
参加対象者
一般・学生・会員
参加費
無料
定 員
先着40名
CPD
2単位
問合せ先
有限会社日欧設計事務所 岸崎孝弘 03-3557-4711 kissh@camel.plala.or.jp
申込方法

添付のチラシ内、参加申込書にご記入のうえ 5 月 6 日(月)迄に FAXまたはメールにて、日本建築家協会までお申し込みください

申込先:JIA 日本建築家協会/関東甲信越支部/〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 2-3-18(担当:菊池)

TEL 03-3408-8291

rkikuchi@jia.or.jp

CPD取得希望の方は、一級建築士番号又は、CPD ID番号も明記をお願いします。

主 催
公益社団法人日本建築家協会関東甲信越支部 住宅再生部会