支部長あいさつ

(公社)日本建築家協会 関東甲信越支部 支部長を拝命いたしました慶野正司です。就任にあたりご挨拶申し上げます。

本会は建築設計監理を専業とする建築士(建築家)が集う全国組織の団体です。
会員は自ら定めた職能理念を遵守し、また日常の継続的な職能研修を通して「公益を保護」すること、更に建築・地域・環境の保全と創造及び建築文化の発展に貢献し「公益に寄与」することを活動の目的としています。

関東甲信越支部は、全国10支部あるなかで全会員の約半数が所属しており1都9県を活動エリアとして、地域事情に即して活動する23の地域会、ミッションを持つ16委員会、有志が集う11部会から構成されています。それぞれの活動は自己研鑽型を始め社会発信型、次世代育成型など多岐に渡り、会員の建築活動の支援や社会状況に呼応した活動をしています。

今日、建築生産構造が変貌しつつある社会、またコロナ禍による新たな日常社会においても建築家の社会的職責は「公益に寄与」であることは変わりありません。JIA活動においては、この様に変化する時代の様相に寄り添いながら柔軟な姿勢で活動のテーマや形態を見極め活動していくことが求められます。また、そもそも建築家は建築設計技術者でありながら、発注者や社会に対して良きアドバイザーや相談相手など頼りにされるパートナーとして並走することも私たち建築家の大切な職能の一つです。そして、その職能意識が豊かな建築環境づくりに寄与し社会的信頼の獲得に繋がるものと理解しています。

私たちは建築家として、そして建築家職能団体として、これからも日々の研鑽を通して公益に資する活動を継続して参ります。会員各位並びに皆様のご理解ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

JIA関東甲信越支部 支部長レポート 一覧

日本建築家協会
関東甲信越支部長
慶野 正司

About us