報告

SDGs×建築×環境  第1回 地域から考えるSDGs

報 告REPORT

地域活動の集合体がJIAであることから、地域組織との連携や支援も、支部環境委員会の大切な活動と考えています。そこで群馬地域会と共に建築・環境の視点で「地域から」考えるSDGsシンポジウムを開催しました。

川久保先生より建築分野のアプローチを考える

 

利根川を望む 貴賓館 として明治43年に建てられた臨江閣別館にて、 群馬県をはじめとした行政の方々、他団体の方々、多くの出席を頂き終了しました。

初めに川久保先生からは”いまなぜSDGsが必要か”という話から、世界や日本政府の動き、私たち建築の分野がどのようにアプローチ出来るかなど、最新の情報を交えて解りやすくお話いただきました。

「環境配慮型建築の必要性、建築物におけるライフサイクルの社会的影響から、建築関係者はもっと上手くSDGsを使い発信してほしい」と励まされました。

今回、地域との連携でSDGsにはローカルやパーソナルな特性があることも会場と共有できました。SDGsを「自分ごと化」して考えることにより自らの強みや弱みを知り、社会貢献と持続可能な発展を同時に達成するツールとして、複雑な現代社会にはかかせないアイテムのように感じました。

SDGsを学ぶことにより俯瞰的で長期的な視点がうまれ、パートナーシップを持って持続可能な社会を形成していくというSDGsの本質を理解し、今後もSDGsをさらに深めて多くの人達や企業への啓蒙をしつつ、共に学びこの取組みを促す事が JIA環境委員会・群馬地域会としてのミッションであると SDGs宣言 もできました。

私達の学びも建築分野のSDGsもこれからですが、今回の「地域から考えるSDGs」に確実な手答えを感じ、環境委員会では、引き続き地域や建築関係者、皆さんと一緒に考え学び合える機会を作り、持続可能な社会の実現に向けて貢献できればと考えています。

会報誌 Bulletin 2020 春号 に環境委員会の活動が紹介されますので、 お読みいただければ幸いです 。

身近な住環境から考えるトークセッション

臨江閣にて(国指定重要文化財・前橋市 )

 

2/25 上毛新聞に掲載されました

 

概 要OUTLINE

【JIA 関東甲信越支部 環境委員会 SDGs 企画】

SDGs とは、建築家として、生活者として、未来への責任を共有するということだと思っております。建築は一人一人の命と幸せを守るためのものです。これまで、私たち設計者はどのゴールにも親和性をもって学び、議論し、実務にあたって参りました。あらためて明確にされた目標には勇気をあたえられ、「宣言」の持つ力に未来の可能性を見出しています。本日は、JIA 群馬地域会と共に、SDGs を建築・環境の視点で「地域から」考えてみたいと思います。切り口は私たちの住まい、住環境です。ご来場の皆様におきまして、この機会を通じ、SDGs をより身近なものに感じていただければ幸いです。

[JIA環境委員会委員長 長井淳一]

詳細情報DETAIL

開催日
2020年2月22日(土)
時 間
14:00〜開会
会 場

臨江閣 別館1階 西洋間〔国指定重要文化財(建造物)〕
(群馬県前橋市大手町三丁目15 番)

講 師
講師:川久保俊(法政大学デザイン工学部建築学科准教授)

パネリスト:新井かおり(Atelier Bio)/横堀将之(米田横堀建築研究所)
コーディネーター:小林 光義(群馬地域会代表幹事)
司 会:横田 順(環境委員会)
参加対象者
一般/学生/JIA会員
参加費
1,000 円
定 員
50名
CPD
CPD プログラム申請中
問合せ先
JIA 関東甲信越支部 群馬地域会(担当:上原)
E – M a i l:gunma @ jia-kanto.org / T E L:090-3800-3696
H P:https:jia_gunma.typepad.jp 
申込方法

氏名・住所・TEL・E-mail を明記の上、E-Mail またはホームページよりお申込み下さい。

主 催
JIA関東甲信越支部環境委員会
共 催
JIA関東甲信越支部群馬地域会
後 援
一般社団法人群馬建築士会, 一般社団法人日本建築学会関東支部群馬支所
一般社団法人群馬建築士事務所協会, 特定非営利活動法人景観建築研究機構