なりたての建築士のための設計コンペ 《集合住宅》

概 要OUTLINE

【主旨】
一級建築士の資格取得者は、2次製図試験も合格されたわけですが、これは試験として行われた設計であり、本来の建築家として、自らの意図を表現する事は無かったと思われます。JIA城東地域会は、試験とは別に、建築家として同じ課題に取り組んだ時は、異なる設計提案が有るものと考えます。そのため、一級建築士のデザイン・空間表現の向上を目指す場として、一級建築士の製図試験と同じ条件での、設計コンペティションを計画しました。

【テーマ:集合住宅の境界を考える】
集合住宅には様々な境界があります。街/建物、隣地/計画地、内/外、そして共用部/専有部です。このような集合住宅の境界は今まで、こうあるべき、あるいは当たり前と言った社会的な既成概念で作られている大きな壁として認識されてきました。しかしそれらは縁側のような太い帯状のものであっても良いし、プレートテクトニクスのような動的に重なり合うもの、あるいは境界そのものが無くても良いこともあります。

2019年末から続くコロナ禍。オフィスワークや満員電車、自社ビル、忘年会といった今まで疑いもせず当たり前と思っていた物事が当たり前では無かったと、私達は気付き始めています。そういった流れを受け、集合住宅においても「食う寝るところに住むところ」という当たり前が通用しなくなるかも知れません。

賛否両論有りますが、集合住宅(共同住宅)は廊下や階段、エントランス、エレベーターホール、更にはエレベーターの昇降路などの共用部は容積率不算入となっています。折角なのでその利点を活かし、今までの当たり前が通用しない住まい方を受け止めるような共用部/専有部など、境界の新しい関係を提示してもらいたいと考えています。

詳細情報DETAIL

開催日
*追加質疑回答書を公開します。
4月18日 (日 )追加質疑回答HP公開
5月16日( 月 )コンペ案提出開始
5月23日 (月 )コンペ案提出・応募登録期限
5月29日 (日 )コンペ審査会・講演会
会 場

Web公開審査会

講 師
【審査員】
審査委員長+基調講演:建築家 井原正揮:㈱ihrmk一級建築士事務所 
審査員:JIA城東地域会

井原正揮:「はつせ三田」(集合住宅) 
  2020年度日本建築家協会優秀建築選100選
  2020年度グッドデザイン賞     
参加対象者
【応募資格 】
資格:令和3年度 一級建築士試験合格者
参加費
無料
定 員
無制限
CPD
3単位(予定)
問合せ先
公益社団法人 日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部 城東地域会 事務局
申込方法

申込:JIA城東地域会までメールにて申込(事前申込必要)
mail:jia.jyoto.chiikikai@gmail.com

主 催
公益社団法人 日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部 城東地域会
協 賛
株式会社 総合資格