第1回小石川フォーラム 芦沢啓治「学んできたこと、実践したこと」

概 要OUTLINE

「学んできたこと、実践したこと」

建築を仕事とするようになってから今までに、様々な建築家やデザイナーから直接的に、または間接的に学ぶ機会がありました。そうした学びは、咀嚼するのに時間がかかったものもあれば、即効性のあるもの、未だに理解してないものと様々ですが、おそらく私が抱えておくものではなく、ときに吐き出す必要なものだと思っています。
そうした学びから、背中を押されて無謀にも実践したこともあり、多くは失敗の山となっておりますが、いくつかは思いもよらない果実、または素晴らしい経験となりました。
二つのことを実作の写真や、実物を見てもらいつつ、少しお話させていただきます。

主催:文京建築会
日時:12月14日 金曜日 19時~20時 20時過ぎより懇親会
場所:石巻工房ショールーム 東京都文京区小石川3ー31ー7
参加費:¥2000(懇親会費含)

芦沢啓治

1996年横浜国立大学建築学科卒業。architecture WORKSHOPにて6年勤めたあと、 super robotにて金物家具製作に2年携わり、2005年芦沢啓治建築設事務所設立。正直なデザインをモットーに、IKEAやカリモクなど様々な家具ブランドとの協働や、Panasonicとの新しいテレビのデザイン、日本と中国の建築プロジェクトに携わる。2011年、震災後石巻にて、公共工房として石巻工房を設立し、家具やDIYによる復興を目指し会社化。2016年、事務所の所在地である文京区小石川にギャラリースペースDESIGN小石川を設立。講演を行う石巻工房ショールームは、元印刷工場をリノベーションされたスペース。2階にゲストルームを持ち、最大7人の滞在が可能であり、海外から日本に滞在するデザイナーやアーキテクトとの交流の場となっている。
https://www.keijidesign.com

[小石川フォーラムの理念]

この度、文京区小石川にて文京建築会の新たな事業として「小石川フォーラム」という企画を立ち上げました。バーチャルなコミュニケーションが隆盛のこの時代に、特定の場所で人と人の出会いを通じ、対話を通じて、建築にまつわる創作の楽しさ、豊かさの発見の場を(特に若い人に)提供するものです。具体的にはレクチャーや見学会、勉強会を不定期で行なって参ります。

そして記念すべき第一回目の小石川フォーラムは地元小石川からワールドワイドに活動を行う、芦沢啓治さんにご登壇いただきます。レクチャーの後には懇親会が企画されており、ドリンク片手に、直接芦沢さんと会話もできます。建築家を目指す学生や現在、設計事務所やゼネコンなどの設計部などで働くスタッフの方など、お気軽にご参加ください。そしてぜひこの文京建築会小石川フォーラムに今後もご参加ください。

2018年11月吉日
文京建築会代表(日本建築家協会関東甲信越支部文京地域会代表)
手嶋保

詳細情報DETAIL

開催日
2018年12月14日(金)
時 間
19:00-20:00(20:00- 懇親会)
会 場

石巻工房 東京ショールーム
東京都文京区小石川 3-31-7

交通案内

東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩10分
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅 徒歩10分

講 師
芦沢 啓治氏
参加対象者
一般/学生/会員
参加費
2000円(懇親会費含む)
問合せ先
NPO法人文京建築会・事務局
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-20 司ビル303
TEL 03-5206-2401 FAX 03-5206-2407
info@bunkyo-arch.org
主 催
NPO法人文京建築会(公益社団法人日本建築家協会関東甲信越支部文京地域会+一般社団法人東京建築士会文京支部)