事前相談のすすめ|日本建築家協会の建築家が相談にのります「建築相談室」

HOME > 事前相談のすすめ > 建売住宅の購入時の注意点(その1)

事前相談のすすめ

建売住宅の購入時の注意点(その1)

(1)買う前によく考えましょう

 建売住宅の購入を検討する場合、チラシやネットで物件探しを始めることが多いでしょう。
 もちろん、商品としての価値:利便性、価格、デザイン、間取りや使いやすさはもっとも大切ですが、目に見えにくい土地の安全性(地盤・水害・がけ崩れなど)や建物の構造安全性、使って始めて分かる造り付家具や住宅設備の性能、断熱性や遮音性など目に見えない要素がいっぱいです。
まずは案内してもらい自身の目で見て、説明を聞いて確かめましょう。

(2)情報の確認が大切

宅地建物取引業法では、広告の物件概要に表示された物件所在地や規模、交通の便、将来の環境、融資のあっせんなどの情報が誇大にならないよう定めています。広告内容をよく読んで内容を理解しましょう。
 宅建業者が売主か、委任代理または媒介する場合の記載があり、それぞれ権限や手数料の有無などが変わりますので注意が必要です。売主・仲介業者の信頼性も過信してはいけませんが大切な要素です。
 商品としての建売住宅は完成品として売買されることが原則ですが、いわゆる青田売りも多く、この場合土地は見ることができても建物は出来ていません。ただし、業法では建売住宅は広告、契約をする前には建築確認申請、土地は開発許可などが下りていなければならないため、原則として大きな変更はできません。(米田耕司)

 

建築相談室 (電話03−3408−8291)

事例一覧へ戻る