事前相談のすすめ|日本建築家協会の建築家が相談にのります「建築相談室」

HOME > 事前相談のすすめ > 希望を実現してくれる建築家(設計者)との出会いと選定(1)

事前相談のすすめ

希望を実現してくれる建築家(設計者)との出会いと選定(1)

 人との出会いは夫婦や家族、親戚、友人などその人の人生のスタートであり人生そのものと言っても良いものです。家創りにおいて建築家との出会いもまた、家創りのスタートであり建築家との家創りプロセスの結果が出来上がる家となります。
このため、家創りでどの様な建築家と出会い、共に家創りをして行くかはとても重要な事です。理想の建築家とは、欲を言えば限がありませんが自分や家族の大切な財産や夢を託すわけですから住宅設計や工事監理と言った建築の専門的な知識や経験が豊富であることも大切ですが、無理なくコミュニケーションができ趣味趣向や価値観での違いが少ない建築家が望ましいと思います。
最近の設計者との出会は、不動産会社やハウスメーカーや工務店といった家の売買や造る側の社員や担当を通じた外注設計事務所としてユーザーと出会う機会が圧倒的に多くなっています。その結果出来上がった家のトラブル事例や相談が日本建築家協会の相談室に数多く寄せられています。
トラブルを事前に防ぎ良い家創りを実現するためにも、理想の建築家(設計者)とどの様に出会い選ぶのかを媒体別のケース毎に紹介してみます。

 

□紹介媒体

ケース1:家を造った知人、友人からの紹介(建主側からの紹介)
ケース2:工務店など施工者からの紹介(造り手側からの紹介)

□インターネット媒体

ケース3:インターネットの建築家ホームページから選ぶ
ケース4:インターネットの建築家紹介システム(面接及セミナー、コンペ)から選ぶ
ケース5:インターネットのコンペシステムから選ぶ

□印刷媒体

ケース6:家造り関連の本や雑誌、新聞記事から選ぶ

□所属団体媒体

ケース7:建築設計団体の紹介システムから選ぶ

 

(柴 和彦)

 

建築相談室 (電話03−3408−8291)


事例一覧へ戻る