相談事例|日本建築家協会の建築家が相談にのります「建築相談室」

HOME > 相談事例 >基礎を含め断熱効果に不安がある

相談事例

基礎を含め断熱効果に不安がある

木造2階建て、築後1ヶ月で建物全体に不具合が多く、対応を要求してもうまく伝えられない。追加工事として請求されているが二重に払っている可能性があり、質問しても業者に言い負かされてしまう。今後どうしたらいいか。
不具合は、
@外壁のサイディング、左官仕上げ部分に色むらがある。
A軒天の散りあいに隙間がある。
B基礎は外側断熱仕様で塗装仕上げらしいが、表面が触るとぼろぼろ落ちる。
C基礎部分の金物(アンダーセパ)が飛び出したまま錆びて残っている。
D基礎回りに土がなく浮いている。埋め戻しをしていない。埋め戻しを要求すると有料と言われた。
E基礎を含め断熱効果が不安。等々
施工者はインターネットで選んだ。新しいことにチャレンジする業者のようだ。

塗装については知り合いの建築士の紹介で目処がついているということだったが、不具合等、要求事項はリストにして一つひとつチェックし確認しながら交渉するのがよい。
なお、基礎の断熱とは<参考>に示すように床断熱と基礎断熱の2種類あることから施工方法の違いに注意して確認する必要がある、とアドバイスした。

事例一覧へ戻る