相談事例|日本建築家協会の建築家が相談にのります「建築相談室」

HOME > 相談事例 > 対面式キッチンの給湯管からの漏水

相談事例

対面式キッチンの給湯管からの漏水
 築9年目の2×4工法の2階建ての建売住宅で対面式キッチンの給湯管に釘が刺さっていて長期にわたり漏水していた結果、リビングの床が腐敗した。売主は全面的に非を認めて補修することになっているが、修理内容について適切かどうか?
 また工事期間が3日ほどであるがその間のホテル代とか休業補償は請求できるのか?

 補修部分の範囲、補修方法などの図面、施工計画書及び工程表などの提出を求め第三者の建築士等に照査してもらった方がよいのでは。場合によっては現場を見てもらい補修範囲等の確定、また工事期間中の立会いもしてもらうよう進言。
 また建築士の費用、ホテル代、休業補償なども出してもらうように売主に交渉すること。

事例一覧へ戻る