JIA Bulletin 2002年12月号/海外リポート−1


都市を造る建築家の存在感

UIAベルリン2002大会

宇野 武夫

 ベルリンの壁の崩壊は1989年で私の事務所設立と同年である。戦後生まれの私は敗戦により分断されたベルリンを訪問したいと機会を待っていた。今回UIAベルリン2002世界大会参加は大変ありがたい。3回目のドイツ訪問であるが,初めてのベルリンをみることが私の目的である。
 プラハ・コースはチェコの世界文化遺産で百塔の街と呼ばれるプラハを訪問。バスで国境を越えて旧東独の古都ドレスデンを経由して,ベルリンのUIA世界大会開会式に参加後,ベルリン市内自由視察である。


写真1−プラハ市民会館 外観
文化と天才を生む盆地――プラハ(写真1)
 到着した日の夕方,旧市街地広場にある聖ミクラーシュ教会でのコンサートを聴いた。正面祭壇前で演奏しているバロック音楽が石造りのドームに共鳴。眼は教会の天井や壁面の彫刻絵画を追う。音楽の都の総合芸術。バロック建築。さすが,ドボルザーク,スメタナを生み,モーツアルトにゆかりのあるプラハであると感心した。音楽・彫刻・絵画・建築が一体となり充実した時間空間を作りだしているプラハ最初の夜であった。次は,アールヌーヴォー建築の市民会館である。外・内部に華麗な装飾があり,世紀末のウイーンを思い出す建築である。プラハの春音楽祭会場のスメタナ・ホールは残念ながら見学できず,地下の小ホールで2晩コンサートを聴き,カフェでビールを飲んだ。ボヘミア盆地にあるプラハは,ウィーン,ザルツブルグ,ドレスデンの3都市間にあり,各都市には200kmほどの距離で,ボヘミア・グラスやドレスデン近くにあるマイセンの陶磁器などが有名である。細い曲がりくねった山道を国境に向かうバスに揺られながら熟した文化と天才を生む盆地を感じた。

写真2−ドレスデン 修復中の現場
新生ドイツの魅力ある古都――ドレスデン
(写真2)

ドレスデンはエルベ川の流域にある美しい街で,終戦間際に米英軍の空爆により破壊され数十万人の死者が出た。戦後市民の努力により歴史的建造物の復元が進み,現在は新生ドイツの魅力ある古都である。第二次大戦で破壊され,壁の漆喰の中に煉瓦が見え,がれきの残る修復中の現場をみた。脇には修復を終えた綺麗な塔が建つ。復元されたなかに長い壁画絵巻物・君主の行列がある。マイセンタイルで描かれた100mほどの大壁画で,4月に見たアンコールワットの浮彫彫刻を思い出した。権力者のやることはどこでも似ているが,不思議と時間が経過すると文化財になる。
 ブリュールのテラスよりみるエルベ川の風景は美しく,3週間後に起きた150年ぶりの大洪水が夢のような川の風景である。オペラハウスは再建とは思えない建築である。隣にあるツヴィンガー宮殿中庭の池の縁に腰掛け,独バロック建築の美しさに見とれ,写真を撮ることを忘れてしまった。時間がなく残念ながら美術館,博物館は見学できなかった。

写真3−UIA大会 前夜祭会場風景
新しいユーロ圏の中心的な都市―ベルリン
(写真3)

 UIAの会場は,大変大きな会場である。ホテルで着替えてバスで会場に向かい前夜祭に参加。翌朝,地下鉄で会場に行き,開会式に参加した。前回の中国とは異なるドイツらしい雰囲気であった。

ベルガモン博物館
 水路にかけられた小さな橋を渡り数段の階段を上り入館すると,正面中央に大理石の階段があり,左右にギリシャ彫刻のある神殿遺跡の模型が展示されている。ホールや階段は大勢の見学者で溢れていた。左手の展示室で,人体彫刻と大きな壺を見た。シルクロード西側のスタート地点イスタンブールのボスポラス海峡を見下ろす高台にあるトプカプ宮殿の宝物や,敦煌,西安歴史博物館,故宮博物館,正倉院宝物展など,シルクロードの宝物に見られる東西文化交流が思い出されとても良い時間であった。本物を原寸で展示した博物館で,スミソンアン博物館(ワシントン)にならぶよい博物館である。

写真4−ユダヤ博物館内部展示室風景
ユダヤ博物館(写真4)
 複雑で難解な建築であるが,サインが上手で見学はわかりやすい。細長い傾斜した地下廊下,斜めに射し込む光が変化に富んだ内部空間,屋外展示場の傾斜した床と斜めに立つコンクリートの柱群の間から見える空など,平衡感覚を失う異次元の空間(世界)を感じる印象深い建築。広島の原爆資料館を思い出す資料展示である。

TV塔(写真5)
 高いところが好きな私は,多少の不安を感じながら東独時代に造られたRC造のベルリン一高いTV塔に上る。展望室から見たベルリン市内は他に高い建物がなく見晴らしがよい。工事中のブランデンブルグ門より東西にのびる大通りが明快な都市軸を形成している。前方の大きな緑の中に戦勝記念塔が見える。右手に大統領官邸,大きな国旗のはためく国会議事堂,政府機関の建築群。左手にボツダム広場の再開発,眼下には昨日見たベルガモン博物館が見える。上階の回転展望レストランでビールを飲みながら,昨日歩いた壁の位置と旧東西のベルリン市街を見た。東独時代の建築や都市空間を再生するには,多くの時間と資金が必要であると感じた。1992年に統一後の経済苦によるストライキをフランクフルトで経験した。交通がマヒし最後のルフトハンザで一人帰国したことが印象深いが,今回見たベルリンは新しいユーロ圏の中心的な都市づくりに向け輝いていた。   

写真5−TV塔よりブランデンブルグ門方面を見る
  今回,3都市を訪問して感じたことは基本的な事柄を大切にしながら,魅力ある都市デザインがされていることである。秩序・新旧対比・新技術・歴史・時間・文化・環境・省エネ・外断熱・自然・共生・ヒューマンスケール・民主主義・民族の誇りなどの言葉が,街をふらふらと歩いている私の脳に浮かんだ。
 特に,長い時間のなかで,社会からの要求に応え,美しい都市を造る建築家の存在を強く感じた旅であった。

 

〈(株)UCA・都市・建築設計事務所 主宰〉

海外レポート 一覧へ



Copyright (C)The Japan Institute of Architects Kanto-Koshinetsu Chapter 2002