部会の紹介

■沿革

情報開発部会は、旧設計監理協会のコンピューター利用委員会のメンバーが中心となり、JIA発足と同時に活動を開始しました。
当初から、設計事務所の業務支援に役立つコンピューターを始めとする各種OAシステムの利用方法について、情報の収集と研究を重ね、JIAにおいては「情報活用フォーラム」を毎月開催し、また会報誌BULLETINに「コンピューターQ&A」を連載するなど情報の発信に努めてきました。
当初のテーマはCADシステムに関するものが多く、設計事務所におけるシステムの導入の仕方、効果的な運用方法など数多くのすぐに役立つノウハウを発表するほか、ファシリティーマネージメントや情報通信システム等海外の先端の技術を紹介するなど、常に設計事務所の運営の合理化に貢献して参りました。
また、業務支援システムの供給者であるソフトウェアやハードウェアのメーカーと交流を持ち、設計者に役立つ製品の開発に向けて積極的な提言を行ってきた経緯から、これらの企業を賛助会員Gグループに組織し、現在も定期的な勉強会やセミナーを開催するなど活発な活動を行っております。
情報ネットワークの面では、JIA最初のパソコン通信システム「JIACOM」の開設を始め、現在のJIAホームページを、創立10周年記念事業に先駆け立ち上げるなど多くの貢献をしております。
さらに、毎年AEC展に協賛して開催してきた建築CG展に引続き、JIAの「建築家の日」のイベントに際し、毎年建築CG展を主催し、会員事務所や賛助会員企業によって制作された先進的なプレゼンテーション作品を展示する「CG画廊」の他、未来の建築界を担う学生や子供からCG作品を募集し、優秀作品を表彰する「CGコンテスト」を開催し内外から注目を集めております。
今日、情報化の波の中で、従来に増して幅広い分野から情報を収集し、その活用技術を当面の研究課題として活動を続けております。当初は、CPD分科会、インターネット分科会、交流分科会、CG展分科会など設置して、活動の展開を行ってきましたが、近年は、定期的に勉強会・見学会を兼ねて、定例会を開催しております。勉強会・見学会など、参加自由ですので、奮ってご参加ください。(部会長:天神 良久(ケー・デー・シー))

【GC展展示風景】
dscf0785.JPG

dscf0784.JPG

(公社)日本建築家協会・関東甲信越支部

〒150-0001 渋谷区神宮前2-3-18  JIA館

TEL: 03-3408-8291  FAX: 03-3408-8294 地図