トップページ > 大会テーマ

大会テーマ




共に超える


「Beyond Disasters, through Solidarity, towards Sustainability」のメッセージを掲げ、

UIA2011東京大会(第24回世界建築会議)は2011年秋に

世界中から5,000名以上の参加者が集って開催された。



その成果を踏まえ2012年11月末、全国の日本建築家協会(JIA)会員が横浜に集い、

建築並びに建築家が担うべき社会的役割について一般市民と共に考え、

共に育むために議論の場を設け、社会へ示す機会としてJIA全国大会を開催する。

東日本大震災により見直された新たなパラダイム(価値観)に基づき、

日本文化の再興が求められている。



震災から1年有余を経た現在、多くの復興計画が立ち上げられているが、

本格的な復興はようやく端緒に着いたところであろう。

こういった復興の在り方についても、安全、安心というハードな復興計画に加え、

未来に残すべき記憶と文化の大切さを一般市民と共に考えていく。

被災した東日本地方に限らず将来の大災害が予想される全ての地域において、

共にこの時代を超えていく道筋を探る大会とする。



3.11後の時代に相応しく、また新公益社団法人として活動していく

新生JIA全国大会の規範となる大会を目指していく。




【JIA建築家大会について】

JIA建築家大会は、(社)日本建築家協会(通称、JIA)が毎年開催する大会で、
建築や街、環境等に関する講演、シンポジウム、会議、展示、エクスカーションツアー、そして
パーティーなどが行われます。2012年度は横浜市のBankART Studio NYK ギャラリー、
神奈川県民ホール、開港記念館が会場となります。

パラダイムシフトが求められるこの時代、『共に超える』を大会テーマに、
これからの社会のあるべき姿を、建築家のみならず市民の方々と共に考え、
議論する場としたいと考えています。

プログラム、イベント等のお知らせだけでなく、関連する情報、
話題も交えこのWEBサイト上で提供して参ります。
更に大会通信やメルマガの発信に加え、双方向の情報交換として
Facebookコーナーも設けますので、是非ご利用下さい。

この時代に相応しいJIA建築家大会に向けて、共に盛りあげて参りましょう!

大会実行委員広報部会長 鈴木利美

JIA建築家2012横浜 主催:社団法人 日本建築家協会