トップページ > JIA会長より

JIA会長より

芦原 太郎日本建築家協会会長

<共に超える>をテーマにJIA建築家大会2012横浜が開催されます。この機会に私達建築家は誰と一緒に何をどのように超えて行ったらよいのかを考え、広く市民と共にある建築家の姿を社会に発信して行こうではありませんか。

UIA東京宣言は災害を乗り越え、連帯して、持続可能な未来社会へ、を表明しています。安心、安全で人々が幸せに暮らせる人間居住環境としての持続可能な社会実現に向けた大きな目標は明らかになりました。目標を共有出来れば、立場や垣根を超えて人々は協力する事が出来るようになります。志を共にするJIAの仲間さらにはUIA加盟130か国130万人の世界の建築家達との連帯があります。また建築関連他団体や日本の建築生産を支える建築士達との連携も可能なはずです。

しかし何といっても、行政と市民そして専門家の連携、連帯が持続可能な未来社会実現には不可欠なものとなってきました。

私達建築家は具体的な個々の建築づくりやまちづくりに関わり、その実現のために貢献してきましたが、これから超えていかなければならない課題に直面しています。東日本大震災などの災害を克服して安心安全な環境を実現して行く事が求められています。既存の建築設計の枠や専門分野の枠を超えて持続可能な社会をトータルに推進して行く必要もあります。個々の建築や地域の枠、さらには日本の国境を超えて地球規模の人間居住環境に関わっていくことも大切になってきました。

どのように超えていく事が出来るのか大いに議論し、行政、市民と共に持続可能な社会に向けた具体的行動を起こしていこうではありませんか。多くの皆様のご参加と大会成功を期待しています。

JIA建築家2012横浜 主催:社団法人 日本建築家協会