日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家ってどんな人?

建築家とは?

あなたの大事な夢を実現させるパートナー

家づくりを成功に導くためにあなたはどうしますか?

あなたが仕事の都合で経験のない事業を始めることになったらどうしまうか?急遽独学で勉強したり、どこかに修行に行ったりするでしょうか?
おそらく多くの人は、経験のある人材を雇うなり意見を聞いてみたりすることと思います。特にそれが社運をかけた失敗の許されない、しかも複雑で専門的な内容であればあるほど、自分だけで一から勉強するのよりも専門家の助けを借りた方が懸命だと判断するはずです。ましてやなんの知識もなく取引を開始することなどはリスクも高く不安であり、常識的には考えにくいことであると思います。
ところがこと建築となると、これからのことを考慮せず安易に考えてしまうケースが見受けられます。事業を住宅などの建築に、取引先を施工会社や不動産業者に置き換えてみてください。そうすると、欠陥住宅など悪徳業者などに騙されたりする理由がおわかりになるはずです。
建築家とは、いわばあなたの建設事業のブレーンです。施工会社や不動産業者とは独立した立場にある専門知識を持ったパートナーが、、あなたの夢を具現化するお手伝いをします。建築分野には素人であっても、賢いオーナーとなってこの事業を成功させましょう。最小限の労力と費用で最大限の満足と安心が得られます。

建築家と建築士との違い

建築士とは施工から独立した立場の設計者です(設計と施工の分離)

一級建築士や二級建築士・木造建築士は資格の名称です。建築設計を業としる場合に必要な資格です。それぞれの資格によって設計できる建物の規模が異なります。医師や弁護士と同様に個人の生命や財産や権利に関わる重要な国家資格だからです。ただし資格ですから、受験資格を満たし、試験に合格さえすれば誰でもなれます。そのため、建築家や設計事務所員だけでなくゼネコンや工務店、メーカ、学校、役所、不動産業者等、様々なところに建築士の資格を持った人が存在します。
一方、建築家は職業のひとつで、専業の建築設計者を示します。建築家の多くは一級建築士の資格を持っていますが、建築家そのものは国家資格ではありません。ただひとつ違うのは施工会社などに所属せず、施工から独立して設計監理を行ない、建築主からのみ報酬を受け取る立場の人を指すということです。
ゼネコンやハウスメーカーにも優れた設計者はいますが、彼らは建築家ではありません。その人の設計や監理の指示内容が施工者の経済的利害関係と一致してしまうからです。これでは公正な検査や指示ができません。建築家は第三者による設計監理を通してクライアントの権利と利益を守ります。「設計と施工の分離」こそ建築の品質を保つ大原則なのです。中立性を保つために建築家の設計事務所は施工をしないのです。

デザインは性能の一部です

あなたの納得出来る工法と素材とスタイルを自由に提案します。

本来、デザインとは計画のことを意味します。ですから良いデザインのものは、良く考えられてつくられているといえます。そして、デザインは性能の一部であるとも考えます。
建築は長期間使われますし、使い手だけでなくまち行く人々の目にも止まります。使いやすさはもちろん、飽きがこなく嫌味のない愛着が持てるあなたらしいデザインを心がけたいものです。
また、気候風土や習慣の違うところに外国の様式を意味なく持ってくることや、木でもないのに木の表情をした材料を用いることは強く抵抗を感じます。なぜ日本にヨーロッパ民家風の家を立てるのか?ハウスメーカーや建売住宅のドアがなぜ木目調塩化ビニールで覆われているのか?みなさん本当に納得しているのでしょうか?これからの世代のために本物を見分けたいものです。
私たちはあなたの求めるものに応じて、より優れたデザインに高めた形で提案します。良心的な建築家は使い勝手への配慮や技術的な研讃、コストの検討を十分行った上で、品の良いデザインをします。「個性=奇抜」ではありませ。妙な芸術性や建築家のデザインを押し付けるのではないかといった間違った懸念は不要です。
建築家が提案する家は、あなたのオーダーメイドなのです。

建築家とあうには