日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家ってどんな人?

建築家の報酬

基本的な考え方

建築家とその協同者が受け取る設計・管理業務報酬の額は、それぞれの業務に対して、

建築家とその協同者が働いた時間に対して支払う経費(人件費、主として給料)

建築家が事務所を運営していくための必要な諸経費(家賃、光熱費、交通費、諸外注費など)

建築主が建築家に依頼したことによって得られる付加価値(その建築家独自の技術やデザインなどに対する評価)

以上の3つを算出して合計した額とする考え方があります。建築士の報酬について定めた「国土交通省告示1206号」はこの考え方に基づいています。

小規模建築の特異性

しかし、住宅などの小規模な建築工事では、より簡便な算出方法が採られるのが普通です。 一般的に、

1.工事金額の総額に一定のパーセントを掛ける

2.工事面積に一定の金額を掛ける

などの方法が採られています。

これらの一定額のパーセンテージや金額は、建築家によって異なるのが普通で、それぞれの建築家が独自に報酬基準を定めています。

ちなみに、設計・管理を一貫して行う場合の報酬は、一般的な戸建て住宅の場合、総工事費の10%から15%程度に定めている建築家が多いようですが、この報酬は前出の国土交通省告示によって算出した報酬額よりも低い金額になります。

建築家とあうには