日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.059
住宅系 公共・教育・福祉系 保存・リノベーション系

三上 紀子

東京都
一級建築士登録番号 第235794号
所属事務所 レジオン・コンサバティブ(株)一級建築士事務所
事務所登録番号 東京都知事登録 第50392号
事務所所在地 〒220-0023
東京都 文京区千駄木3-29-11 フォレストイン千駄木1F
電話番号/FAX番号 03-3828-5389 /
E-Mail home@Legion.co.jp
URL http://www.legion.co.jp/
学歴・職業歴

【主な経歴】
1988年 大阪市立大学生活科学部住居学科 卒業
1988~ 堀林建築設計事務所  を経て
1997年 レジオンデザイン一級建築士事務所開設
2003年 東京大学大学院修士課程修了
2007年 東京大学大学院博士課程単位取得退学
2004年 レジオン・コンサバティブ株式会社設立
現在に至る

【所属】
日本建築家協会 住宅部会会員、文京建築会、国際女性建築家協会理事、 日本大学生産工学部創生デザイン学科 非常勤講師

顔写真
住宅系

M HOUSE

東京都

30代の若いご夫婦のための小住宅です。
SE構法の木造3階建。長期優良住宅認定。
構造材には国産材を使用。
趣味の多いご主人とお料理好きの奥さまのために、スキップフロアの床下収納庫とオーダーキッチンを備えました。
床下収納庫は床面積や階数に参入しないように計画しています。
北側斜線や日影など法的制限が厳しい地域でしたが、都心の敷地を最大限に生かし空間を出来る限り確保できるように、断面計画にこだわりました。  
一方、ひとつひとつの部屋は空間の優しさを忘れずに、そこで過ごす人の気持ちを思いながら丁寧にかたちを考えていきました。
機能と使いやすさ、そして心地よさ、どれもこの家にとっては大切な要素でした。
最終的には色や素材に和のテイストも加わり全体に落ち着いた住まいとなりました。
ずっと愛される家になっていって欲しいと願い造りました。

構造 木造SE構法
完成年 2011年
各階面積 1階 54.64m2 / 2階 54.13m2 / 3階 25.38m2 / 床下収納 6.62+12.89m2
延床面積 134.15m2
   
保存・リノベーション系

土間のある家

千葉県浦安市

築25年のマンション住戸のスケルトンリフォームである。
土間という中間領域をしつらえ、新しい住まい手の暮らしとライフステージに適した住空間を提案した。
具体的には、家の中の快適性だけではなく、家の外に開いた場所をもち外とのつながりが可能になる場所として<玄関土間>を提案した。
そして間取りは<LDK+WIC+水まわり>のシンプルなプランとした。
実際、玄関土間は近所の方との交流の場として活用されているときいた 。
お施主様からは、「京都の町家のような玄関スペースに、気軽に立ち寄ってくださるご近所の片が増えて、交流も広がり、老後の暮らしも楽しくなるような気がしている。」と感想をいただいた。
用もないのに泊まりにくるだけの友人も増えたとのこと。
毎週のように週末には知人が訪ねてくる愉しい棲家になった。

構造 SRC造12階の5階
完成年 2008年
各階面積 66.2m2
延床面積 66.2m2
公共・教育・福祉系

Mこどもクリニック

山梨県甲府市

この施設は、1階が小児科(こどもクリニック)、2階が病児保育施設、3階が住居である。
「地域に子育て支援ができる診療所をつくりたい」という施主の理念を実現した。
①病中の子ども達を診察する医師や看護婦の医療側 
②診察を受ける子とも 
③子どもに付き添う親の3つの立場より、<子どもための空間>をコンセプトに設計した。
結果、診療所としての機能に加えて、子どもや付き添いの親が安心して過ごせる生活空間となった。
2011年にリニューアルの改修工事を行った。

構造 RC造
完成年 1997年
各階面積 1・2階/子供クリニック:276.49m2 / 2階/病児保育施設:191.72m2 / 3階/併用住宅:155.02m2
延床面積 623.29m2
   
建築家とあうには