日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.051
住宅系   

加藤 將己

東京
一級建築士登録番号 第81418号
所属事務所 株式会社 将建築設計事務所
事務所登録番号 第31700号
事務所所在地 〒169-0075
 東京都新宿区高田馬場1-31-8-618
電話番号/FAX番号 03-3205-3326 / 03-3205-3340
E-Mail katom@shoarch.com
URL http://www.shoarch.com
学歴・職業歴

●プロフィール
1944年 東京生まれ。
1963年 東京都立小石川高等学校卒業
1968年 日本大学理工学部建築学科卒業
1969~80年 株・土屋巌建築設計事務所勤務 保育園から老人センタ-・博物館・市民会館・文化会館等福祉施設・公共建築、診療所、学校等に携わる。
1980年 将建築設計事務所開設現在に至る
1986~92年 日本大学理工学部非常勤講師
1987年 JIA日本建築家協会 92年機関誌Bulletine編集長 93年住宅部会長
2008年 JIA登録建築家

 東電TEPCO「快適住宅コンテスト」にて1996年から最優秀賞・優秀賞と 6年連続入賞。この「快適住宅コンテスト」は 省エネ・エコロジカルで 快適な住まいをテーマとしています。

 住まいのコンシェルジュとして40余年のキャリアと いつでも柔軟性とideaをもってどんな状況にも対応します。 クライアントの夢とこだわりの最小公倍数を形にします。 光にこだわり、風にこだわり、拡がりにこだわり、 材質にこだわり、安らぎ・楽しいことにこだわり、 美しいことにこだわり、 人に、家族にこだわり、住まい方にこだわる。 その住まい手の夢、人となり、こだわりが形になって表れます。 住まい、外の顔・内の顔/昼の顔・夜の顔
仕事ぶりはHP:「現場だよりNow!」/「クライアントの生の声」をどうぞ
王禅寺の家:http://www.shoarch.com/tayori/ty-index.html
大田原の家:http://www.shoarch.com/tayori2/ty2-index.html

顔写真
住宅系

本郷の家

 

●都心部にあチて、光りと風と緑を感じる住まいとして、ガラスブロック越しの柔らかい輝く光を導く
●間口3.6Mながら3層全面ガラスブロックのファサードの都市型の住まいとして昼と夜の顔をもち、コンパクトな拡がりを感じる住まいである
●2階のリビングにはタタミ1丈分の光が屋上から3階を通してガラス越しに届く。
●TVでの紹介では司会のジュディーオングさんが、「まるで宝石のよう」と。

構造 鉄骨造
完成年 2003 年
各階面積 1階 35.90m2 / 2階 35.30m2 / 3階 33.72m2
延床面積 104.92m2
住宅系

蓼科の家

 

●蓼科の自然にたっぷりひたり、鳥たちの鳴き声と木々の蒼さ、朝日の差し込む明るさにモノーラルな時の流れを思い出す
●東京と半々の生活を前提として将来を見据えての住まいとしてまとめる
●外まわりは 全体をモノトーンの色調でまとめ、自然の緑の移り変わりと対比させた
●自然エネルギーの有効利用から大げさでないソーラーウォールを採用した。

構造 鉄骨造
完成年  
各階面積 1階 72.30m2 / 2階 30.78m2
延床面積 102.81m2
住宅系

禅次丸の木のある家

 

●樹齢250年を越す「禅次丸」という甘柿の木がこの敷地の主であり、御両親と3人の子供7人家族が、この住まいの主である。この甘柿の木を囲み、近所の人が縁側越しに訪ねてくる良さを残した
●スウェーデン仕様の徹底した高気密・高断熱を試み、乳白のガラスブロックを障子に見立て黒目地とすることで緊張感をもちながら、和のイメージを表現する。
●全室床暖房でヒートショックから解放されるオール電化の快適安全住まい。

構造 木造
完成年 2006 年
各階面積 1階 153.52m2 / 2階 43.89m2
延床面積 197.41m2
建築家とあうには