日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.046
住宅系 

野生司 義光

一級建築士登録番号 第104725号
所属事務所 野生司環境設計
事務所登録番号 第12739号
事務所所在地 〒112-0014
 東京都文京区関口1-43-5 新目白ビル
電話番号/FAX番号 03-3209-4900 / 03-3209-4900
E-Mail nosu@nosu.jp
URL http://www.nosu.jp/
学歴・職業歴

●経歴
東京都生まれ。
千葉工業大学建築学科卒業。
(株)松田平田坂本設計事務所を経て、 1991年(株)野生司環境設計を設立。
代表取締役として現在に至る。一方,千葉工業大学非常勤講師を務める。
【主な受賞暦】
1973年千葉工業大学建築学科卒業設計最優秀賞
1990年日本建築士連合会「私の推薦する作品」優秀賞(茶室をもつペントハウス)
1991年商環境デザイン賞入選(紀尾井久兵衛)
1992年神戸市狩口地区センタ-コンペ優秀賞
1993年東京建築士会主催独身寮(ヤクルト)公開建築設計競技佳作入選
1994年東京都建築士事務所協会東京建築賞優秀賞(銀座久兵衛)
1994年東京建築士会「わたしの推薦する作品」優秀賞(銀座久兵衛)
1996年東京都建築士事務所協会コア東京賞最優秀賞
2003年建築設備綜合協会環境・設備デザイン賞(銀座久兵衛)
2004年川越市都市景観デザイン賞,彩の国さいたま景観賞(東邦音楽大学グランツザール)
2005年日本建築家協会2005-2006(アジア建築家評議会)建築賞住宅部門日本推薦作品(浅間山の家)
2006年東京都建築士事務所協会東京建築賞優秀賞(東邦音楽大学グランツザール・フラットハウス)2作品同時受賞
2010年川越蔵の会蔵詩句大賞新築部門賞(東邦音楽大学70周年記念館)2010年東京建築士事務所協会主催東京建築賞2010一般部門優秀賞(東邦音楽大学70周年記念館)
2010年建設業協会主催第51回BCS賞受賞(東邦音楽大学70周年記念館)。

顔写真
住宅系

ファンハウス

東京都新宿区

自宅兼事務所の建物で1階事務所、地階はパーティールーム、2,3階が住まいである。
敷地は四谷3丁目の交差点に近い繁華街のため、プライバシーと通風・採光両方の確保を目指した。 そこで、形態制限MAXの台形の形態の一部分を切り取り、外部空間を造ることでプライベートな光と風を、またスリットを入れることで光を確保した。
結果として3つの台形のRC造の断面が見えるので、プレストレスを入れ屋根・壁とも230㎜厚のコンクリート版で構成。明快で、開放感のある空間となっている。

構造 RC造 地下1階地上3階建て
完成年 2008 年
各階面積 地下1階 135.0m2/1階 91.32m2/2階 114.27m2/3階 51.64m2
延床面積 392.23m2
住宅系

フラットハウス

長野県北佐久郡軽井沢町

この建物は軽井沢の小高い丘の頂上付近に建つ週末住宅である。周囲に他の家はなく、四方の眺望に恵まれている。
敷地900坪の現況測量図と樹木の種類と位置の調査を行い、敷地模型をつくりながら、この急勾配な敷地のコンテクストを充分に抽出し検討した結果、この敷地内で最も高い尾根の位置に樹木の伐採を極力避けるかたちで斜面から浮いた人工地盤をつくり、開放感のある建物とした。
軽井沢での生活は、自然とのふれあい、外との空気とのふれあいが一番のご馳走となるゆえに、このプランニングの最大の特徴はキッチンを中心にしていることである。キッチンからテラスにサービスし、そしてキッチンからダイニングにサービスをすることができる。
施主の要望は、ゲストルームには外からアプローチできるようにとのこと、ゲストが朝早く目覚めても、自由に行動ができるようにとの配慮から生まれた。ゲスト側から考えると大変気配りの効いた考え方である。この別荘は、自然の中に、大切なゲストを迎えたいいという施主の希望を形としている。

構造 木枠組壁構造
完成年 2003 年
各階面積 1階 156.02m2
延床面積 156.02m2
住宅系

ヴォアラクテ西早稲田

東京都新宿区

建物は明治通りに近い立地でありながら比較的静かな環境を保っている住宅地にあり、施主自邸を最上階に持つ住戸数55戸の7階建賃貸集合住宅である。
敷地に面する道路が狭いため、建物全体をセットバックさせ前面に歩道を確保することでこの地域に「ゆとり」を持たせ、かつ、地域の安全性を向上させている。
また、道路側の住棟を3層に抑えることで道路からの景観的圧迫感を軽減し、一見7階建と思わせない装いとなっており、その外観はこの住宅地にしては長い構えとなるため、都市のスケールを意識したファサード構成としている。建物中央にはライトコートを設け水盤と緑を配すことにより利用者に潤いを与える配棟構成としている。
オーナー邸には流れ星を体感できるプラネタリウム天井を設けている。

構造 RC造
完成年 2006 年
各階面積 1階 723.97m2/2階 652.74m2/3階 652.74m2/4階 376.57m2/5階 282.78m2/6階 242.95m2/7階 242.95m2
延床面積 2931.75m2
住宅系

浅間山の家

長野県北佐久郡軽井沢町

この建物の最大の特徴はジャグジーがセンターにあることである。開閉式のトップライトを設け、建物の真ん中にジャグジーを持ってくることによって、建物内部に露天風呂をつくることができた。
軽井沢の一番のよさである、すがすがしい風、空気、光を感じることができる露天風呂である。昔の日本家屋にはふすまを上手く利用し、用途に応じて様々な空間つくり出す田の字プランというものがある。
今回この建物はその現代版目(田)の字プランである。左右にベッドルーム、真ん中にダイニングとキッチンがあり、リビング空間としては、前面テラスを含め、建物全体を一体利用できるようになっている。建物の前面にはデッキが続いており、サッシが全面開放できるようになっている。これらが、軽井沢のさわやかな風と空気を内部にまで取り込み、建物内外を一体的に使用できる空間を創り出している。このことによって建物全体と自然とが一体となり、リラックスできる空間構成になっている。

構造 RC造
完成年 2006 年
各階面積 1階 81.94m2
延床面積 81.94m2
住宅系

阿佐ヶ谷の家

東京都杉並区

住宅地にたつワンルームの賃貸住戸と女性オーナーの個人住宅の複合建築である。女性的なやわらかさを屋根の形状及び空間にて表現、都市景観を意識したガラスの階段室をモダンに表現した。
竹庭のライトコートが木ルーバーと合わせて空間に温かさを与えている。また、賃貸住宅と感じさせない外観づくりを心がけたことで入居率を高く維持できる要因になっている。

構造 RC造
完成年 2001 年
各階面積 1階 153.35m2/2階 151.88m2/3階 105.92m2
延床面積 358.88m2
建築家とあうには