日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.045
住宅系 

柿本美樹枝

一級建築士登録番号 第300443号
所属事務所 MKデザインスタジオ一級建築士事務所
事務所登録番号 第12739号
事務所所在地 〒222-0012
 横浜市港北区富士塚2-25-19-2F
電話番号/FAX番号 045-430-3177  /045-430-3176
E-Mail m-kakimoto@mk-ds.jp
URL http://www.mk-ds.jp/
学歴・職業歴 ●経歴
1968年熊本県生まれ
1989年滋賀県立短期大学(現:滋賀県立大学)建築学科卒業
1991年豊橋技術科学大学建設工学課程卒業
1993年 熊本大学大学院修士課程建築学専攻修了
1993~96年長谷川逸子建築計画工房勤務
1997~2001年ネス・プラン設計事務所取締役設計部長
2002年MKデザインスタジオ 一級建築士事務所開設

●空間の先にあるもの かたちが出来上がって、そこから何が生まれるのか・・・ 何を生み出せるのか、建築の価値はそこにあると考えます。 空間の先にあるのは、人の営みであり、まちへの影響であり、環境につながることであり、建築の及ぼす力です。かたちや空間の持つ美しさと、使われ方のプログラムが調和して、初めて真に建築の価値が高まると考えます。 住み手、使い手の潜在的な想いを引き出しながら、 長く愛されていく住まいづくり、建築づくりを目指しています。
●資格 一級建築士/こども環境アドバイザー/福祉住環境コーディネーター           ●所属 (社)日本建築家協会/こども環境学会/(社)神奈川県建築士会子どもの生活環境部会
顔写真
住宅系

Chocolate house

神奈川県藤沢市

「ビターチョコレートのような外観が良いなぁ・・・」建て主のつぶやきが、地域工務店の技で実現。日本の木を構造材、外壁材共に使った国産木材活用の長期優良住宅の先導的モデルです。建て主と創りあげた住まいのテーマは「木のぬくもりが感じられて、こどもが中と外を走り回れる家」。南側に2Mの擁壁、道路との高低差ありの決して好条件ではない造成敷地において、日当り風通しの確保を、中庭玄関と変形コの字プラン+吹抜けで解決しました。
中庭へ入ってから我が家を感じて建物に入る動線計画は、都市型の間口の狭い敷地でも住み手が「住まい全体を楽しむ」住まいづくりを実現する設計者の一つの提案です。
また、造成前の地形図には「こども広場」とあり、地域への恩返しとして、森のような木の外観の住まいが良いと考え、サブテーマは「風景をつくる住まい」としました。防火構造の総杉板張り、通気工法、次世代省エネルギー基準の断熱など機能性の高い住まいでありながら、モダンで和の要素があり日本の住まいの懐かしさと、これからの未来にも違和感のないデザインを目指しました。

構造 木造2階建て在来軸組工法 擁壁RC造
完成年 2009 年
各階面積 1階 60.65m2/2階 40.48m2/駐車スペース 4.872
延床面積 106.10m2
   
住宅系

木の香る淡海の家

滋賀県東近江市

「木の香る淡海の家」とは、滋賀県産材活用事業の名称です。
びわ湖材の普及を目指し、バリアフリー等一定水準を満たす長寿命住宅に柱が支給される制度で、現場では一定量の県産材を使うことが義務づけされるものです。プレゼントされた柱は大工さんが美しい部分を床柱や表しの部分に選定してくれました。
建て主と創り上げた住まいのテーマは「こどもと楽しく明るく元気に暮らす家」〜伝統的な部分も取り入れ、すっきりとした現代的な暮らし、人が集まる地域に開かれた住まい〜です。
気候風土を考慮したデザイン形態と性能、家族の気配を常に感じる細やかな仕掛け、適材適所の収納、家事動線の短縮等をポイントに、ワークライフバランスを実現する住まいの空間が出来ました。

構造 木造2階建て在来軸組工法
完成年 2008 年
各階面積 1階 77.84m2/2階 70.38m2
/ロフト 24.84m2(容積対象外)
延床面積 148.22m2
 
 
住宅系

自然素材の二世帯住宅

神奈川県 横浜市

上階に子世帯、下階に親世帯が住む二世帯住宅です。内装は床壁とも木材を、外壁は左官と木材を採用。漆喰や珪藻土なども部分的に取り入れ、自然素材を用いて気持ちのよい空間を創っています。下階はダーク系の木材を用い、落ち着いた雰囲気に、上階は白��ぽい木材を用い、明るい雰囲気に。
玄関吹抜けを介して、上下階の気配と交流の場を演出。住まいの風通しも家族間の風通しも良い住まいです。また、道路側からの正面外観は、上下階でプランは違うものの、窓の位置を揃えることで、外観にリズム感を持たせています。

構造 木造2階建て在来軸組工法 地下RC造
完成年 2002 年
各階面積 1階 125.87m2/2階 87.86m2/地下 9.93m2(容積対象外)
延床面積 223.66m2
   
建築家とあうには