日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.044
住宅系 

黒木 実

東京
一級建築士登録番号 第103988号
所属事務所 有限会社 黒木実建築研究室
事務所登録番号 第25948号
事務所所在地 〒156-0051 
 東京都世田谷区宮坂3-14-15 EASTWING104
電話番号/FAX番号 03-3439-4190  /03-3439-4726
E-Mail skyland@jcom.home.ne.jp
URL http://homepage2.nifty.com/skyland/
学歴・職業歴 1級建築士
日本建築家協会会員 (登録建築家)
世田谷建築家倶楽部会員
千倉まちづくり倶楽部代表
JIA世田谷地域会事務局長

1948年 千葉県に生まれる
1968年 日本大学短期大学工科建築学科卒業
1968年 千葉県柏市役所入所
1970年 東孝光建築研究所入所
1977年 黒木実建築研究室設立
1981年 神奈川県建築コンクール優秀賞受賞(山之内邸)
1984年 トーソー出版建築コンクール特別優秀賞受賞(竹井邸)
1987年 神奈川県建築コンクール佳作入選(中川医院)
1996年 千葉県建築文化賞受賞(海の住宅)
1998年 千葉県千倉町街つくりコンクール優秀賞受賞
2005年 CAD設計図書コンテスト優秀賞受賞
顔写真
住宅系

S邸

千葉県富津市

南側以外の3方を山に囲まれている豊かな自然に恵まれている敷地であったため、いかに違和感なく周囲の環境と調和させるかが課題でした。具体的には建物の高さを抑えるために平屋とし、屋根や庇の水平ラインを強調し周囲の風景に溶け込むようにしました。また、光や風などの自然の息吹をうまく取り入れ、自然素材で空間を包み込むことで室内にいても自然の恵みを感じられるように配慮しました。1年を通じて自然のエネルギーだけで充分に暮らせる住まいを目指し、断熱材はセルロースファイバーを充填し、サッシは熱伝導率の低い木製サッシを使用し、ガラスはペアガラスを使用しています。

構造 木造平屋建
完成年 2009 年
各階面積 1階 144.21m2
延床面積 144.21m2
   
住宅系

M邸

東京都府中市

夫婦と子供2人の4人家族のための住宅である。敷地の2面が道路に面し、内1面の道路は交通量が比較的多かったので、いかに道路からの騒音を抑え、室内に光と風を取り入れるかが課題でした。
構造はRC造とし道路側の開口は騒音対策として極力小さくし、居間と食堂に面した庭に面する開口部は全開放できるようにして、外部と内部の一体化をはかり、さらに居間の上部は吹抜けとし、2階の個室郡ともつながるように配慮しました。

構造 RC造
完成年 2009 年
各階面積 1階 81.63m2/2階 70.085m2/屋階 4.80m2
延床面積 156.515m2
   
住宅系

A邸

神奈川県川崎市

基礎・柱・梁・屋根・瓦だけを残し、スケルトン状態にした上でのリフォームである。暗く、寒く、狭い印象であった築40年の実家が、明るく、暖かく、のびやかな日本家屋に生まれ変わって、次世代に引き継ぐことができるように、プランニングと性能(耐震や断熱・設備など)の改善を軸に計画をした。プランニングでは、既存空間を生かし、一部天井を屋根に沿って高く上げ、高窓から光と視線の抜けを設けた。昔の縁側があった南側には、家族が集まる大きなワンルームを作り、その空間を中心に回遊性のあるコンパクトな動線をつくることで、広がりと明るさを生み出している。また少しずつ、既存の家屋の面影を残す工夫などを細部にほどこした。広い敷地の中にはAさんの御両親の住む別棟の家と、ていねいに剪定された松の木と竹林、季節の野菜を家庭で食べるのに丁度良い小さい菜園がある。東京に程近い場所ながらまだまだ緑が豊かな立地の中でこの家と共に周りの環境もゆっくりと時間を重ねていってくれれば良いと思う。

構造 木造平屋建
完成年 2007 年
各階面積 1階 127.28m2
延床面積 104.79m2
 
 
建築家とあうには