日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.023
住宅系

塩田 純一

 
一級建築士登録番号 第142131号
所属事務所 株式会社 塩田設計事務所
事務所登録番号 東京都知事 第39405号
事務所所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町5-9-101
電話番号/FAX番号 03-5458-0031/03-5458-0032
E-Mail jun@shio1.com
URL http://www.shio1.com/
学歴・職業暦

1955年熊本市生まれ。
大学卒業後、設計事務所に入所するも様々な建築の知識を蓄えることを目的に明治大学大学院へ進学。
同大学院を卒業後、レーモンド設計事務所にて、ホテル、ゴルフクラブハウス、学校など大規模な建築を設計。
1990年に独立後も、住宅を初め、学校、事務所ビル、マンションなどの建築を設計・監理している。
また、社)日本建築家協会、欠陥住宅関東ネットに所属し、一般市民に対する社会活動として、欠陥住宅の調査、相談を行っている。

推薦コメント(1)

推薦者:左 知子

塩田さんは、大きな建築も小さな建築も手がけられますが、彼の建築には手堅いデザイン性があります。また、男女共生時代の建築家として、家事・育児に積極的に参加している、生活者としての建築家の存在があります。住宅設計においても、機能に根ざした美しい住宅を提供してくれる建築家であることにまちがいはありません。

推薦コメント(2)

推薦者:松枝雅子

建築主が納得でき、社会的にも価値ある建築をつくるには、施主と建築家のコラボレーションが大切で、伴侶としての適性は、相手の気持ちを十分理解できる事です。そのためには、まずじっくり話を聴く事が必要がですが、塩田氏は、人の話を丁寧に聴く事ができ、そのうえで疑問を素直に問い、不安や疑問に納得のゆく結論に到達するまで放置する事がありません。加えてり、温厚で沈着な人柄は、信頼して任せる事の出来る人であるので、ここに推薦いたします。

顔写真
住宅系

T邸

熊本県熊本市

敷地は熊本市の東部。閑静な住宅街に建つ親子3人家族の家である。建主は細かく仕切られていないオープンな空間と自然素材を希望された。今回建物の中心に廻りと曖昧につながるホールを設けた。ここは建具を開閉することで居間の一部となったり洗面・浴室とつながったりする空間である。又、午後からの光と九州独特の西からの夏風を上部の横長窓から取り込み各室へ流す役割もある。だんらんや就寝、食事、洗面や入浴などの行為はホールと隣り合って行われるため、ここを開いたり閉じたりする事で、生活のシーンが曖昧に連続して展開することが可能になり、今まで意識しなかった家族同士の生活像が見えてくるのではないかと思った。

構造 木造
完成年 2000年
各階面積 1階 88.61m2/2階 43.88m2
延床面積 132.49m2
住宅系

A邸

千葉県千葉市

千葉県に建つ親子4人の住宅である。夜もピアノが弾ける遮音性の高いリビングと広いルーフバルコニー、オーソドックスな平面が建主の要望としてあった。今回あまり特殊解をプランに求めず、壁を操作する事で何か意外性を演出できないかと考えた。住む人の動きに合わせたアールの壁を玄関ホール、ダイニング、2階の廊下に設けその壁に色を付ける事とした。動線のスムーズな移動と視覚の変化による意外性を楽しむ事が出来るよう考えた結果である。部屋のいろんな場所から緑色の壁が見え隠れし楽しい空間を作っている。外壁には楕円形に刳りぬいた壁を一枚設けた。和室の窓、玄関の扉、バルコニーの手摺などのバラバラの要素を一つにまとめファサードに統一感を与えるためである。

構造 木造
完成年 1994年
各階面積 1階 78.75m2/2階 61.07m2
延床面積 139.82m2
住宅系

O邸

東京都新宿区

敷地は都内。 マンションや店舗が建ち並ぶ住宅密集地である。 ここに3世代7人が住む2世帯住宅を計画した。
敷地が31坪と狭いため当初玄関共有、階段共有で考えたが建主の強い要望で玄関、階段とも2箇所で必要室を入れ込むという、かなり窮屈なプランとなった。 2世帯住宅としては各戸が個別の生活を営み、必要に応じて接近するというかなり独立色の強い計画となっている。
2世帯は玄関以外の場所、ここでは2階のEVホールから自由に往来が出来、ドアには鍵を掛けないので一つの住宅���言っても良い。
そこが精神的に親夫婦にとっては安心感に繋がっているが、決まりごととして、各世帯は基本的に玄関から行き来しているそうである。 2世帯住宅の住まい方の一つの試みになったと思っている。

構造 S造
完成年 1998年
各階面積 地階 32.06m2/1階 62.05m2/2階 62.05m2/3階62.05m2/
4階48.78m2/塔屋 5.06m2
延床面積 272.05m2
建築家とあうには