日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.020
住宅系

竹ノ内 洋一郎

 
一級建築士登録番号 第25797号
所属事務所 株式会社 竹ノ内設計
事務所登録番号 東京都知事 第2713号
事務所所在地 〒150-0072 東京都世田谷区祖師谷5丁目21番10号
電話番号/FAX番号 03-3789-4921~2/03-3789-4922
E-Mail ts-arch@guitar.ocn.ne.jp
学歴・職業暦

<プロフィール>
1927年12月11日生まれ

<学歴>
1952年3月 日本大学理工学部建築学科(旧)卒業

<資格および免許>
1957年11月 1級建築士取得
日本建築家協会会員
日本建築学会会員
特殊建物調査資格者
インテリアプランナー 

<職歴>
1952年3月 (株)依田建築設計事務所
1953年4月 (株)キング設計事務所  
1956年4月 (株)国際設計事務所 
1958年8月 当事務所設立、現在に至る
1966年4月 日本大学理工学部・生産工学部講師(1988年迄) 

<業務経歴>
1953年 六角形の家(潮田邸) 「近代建築」誌掲載 
1955年 浦和の家(平澤邸) 「近代建築」誌掲載 
1956年 公私立高等学校キャンパス建設継続工事9ヶ所 
1962年 ホテル渓雲荘本館・別館(箱根宮ノ下)・平塚蓮光寺本堂 
1965年~70年 ホテル南風荘本館・別館(箱根湯本)「旅館建築」誌掲載 
1966年 横浜市教育会館 「建築文化」誌掲載 
1967年 京王新線高尾駅他2街区開発計画 
1970年 神奈川県立箱根身障者保養所(箱根ニノ平) 
1975年 ホテルリッチ秋田 
1979年 市川ガーデニア(マンション) 
1980年 墨田区立柳島小学校 
1985年 東洋病院 
1987年 東京都港湾局大井海貨上屋第3号棟 
1992年 光照山西徳寺第二会館(蓮華堂) 
1992年 本八幡C-1地区第一種市街地再開発事業施設 
1995年,6年 墨田区公共施設耐震診断(その1) 
他,東京都,警視庁,神奈川県,県警,埼玉県,県警,都内各区の設計監理業務

推薦コメント(1)

推薦者:松枝雅子

氏の魅力の一端に軽妙洒脱な話術があげられます。こうした都会的でおしゃれなセンスに加えて暖かみのある人柄は、依頼者の納得する設計につながると思います。

推薦コメント(2)

推薦者:左 知子

竹ノ内さんの研究心には、感服するところがあります。特に環境問題については、熱心に研究されていますので、教えられるところが多いと思っています。

顔写真
住宅系

猿滑の木のある家

東京都国立市

国立駅より約700m,住宅地,方形緩い南下りの約100坪の敷地、南庭中央に樹齢約30年の猿滑の木を予め建主が移植、これをテーマに和風の住居のデザインをと依頼された。家族構成は、両親,子息子女に老婦の5人である。1階玄関・階段を境に、東にKIT,等水廻りと老人室を離れ風に配し、西に和室と洋室の居間、それに南にベランダ、床下に池,高床にして通風を考慮、庭に続く2階には各々の寝室を書斎を配す、軒を深く眞壁風のデザイン。(住宅公庫に掲載)

構造 木造・在来工法
完成年 1967年
各階面積 1階 93.96m2/2階 56.70m2
延床面積 156.66m2
住宅系

富士スバル高原別荘、2題

静岡県御殿場市

京王電鉄が富士スバルスカイラインを開通すると同時期別荘地を開発、自然環境を活かした造成計画地、その中でモデルなる別荘住宅を3人の建築家に委託。鉄筋コンクリート造、木造2戸を各々担当、設計した。鉄筋コンクリート造、敷地は前面道路レベルより3m低い唐松林で敝われている。デザインの発想はこの林の様に8本の柱を十字型に配した。室の角部分を開放し、道路と同じレベルとした。アプローチを幅広くとり、パーキングを兼ねた。3LDKとした。木造住宅の立地は、東側傾面で接道、これからカーポート倉庫は、RC造、それに沿って階段で1階~アプローチ。1階中央南面にダイニングリビングを配し、東・西に個室を設け3DLKとした。

構造 鉄筋コンクリート造/木造在来工法
完成年 1970年
各階面積 鉄筋コンクリート造
1階 240m2/地階 50m2
木造
1階 130m2/2階 130m2/地階 50m2
延床面積 290m2/310m2
住宅系

本八幡C-1地区再開発事業施設

千葉県市川市

立地は、JR本八幡駅より150m、千葉街道に接する角地で都営新宿線終着駅が隣接する商業地域、2,800m2再開発計画としては地権者に4階以上の共同住宅を等価交換。3階以下、店舗、室内健康ランド施設、地階は各種水泳施設、駐車場、設備関係室を配し、デベロッパーに委託。住戸部分は、南、東、西面、1戸当り75m2、3LDKを基準として、48戸を計画した。

構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
完成年 1996年
各階面積 地階(1〜2) 5,000m2/1〜3階 7,500m2
4〜8階 12,500m2
延床面積 25,000m2

建築家とあうには