日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.016
住宅系

関口 治

 
一級建築士登録番号 第87814号
所属事務所 株式会社 関口建築設計事務所
事務所登録番号 東京都知事 第29761号
事務所所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-31-8-911
電話番号/FAX番号 03-3205-2872/03-3205-2803
E-Mail s-arc66@sk2.so-net.ne.jp
学歴・職業歴

■経歴

1971年 日本大学理工学部建築学科卒業
1971~84年 建設会社設計部勤務
1984年 関口建築設計事務所設立
1988年 株式会社関口建築設計事務所に改組現在に至る

日本建築家協会住宅部会会員、日本建築学会会員、
欠陥住宅をつくらない建築家の会会員

■自己紹介

遊ぶことが大好き。人と話をすること、旅をすること、お酒を飲むこと、いつも新しい発見を期待し寝る間を惜しんで遊んでいる。建築も仕事を超えて生き方そのものとして楽しんでやっている。
住まいは住人の歴史を形成する大切な場所、安全で長持ちしなければならないと考えている。快適な空間には自然の恵みを最大に活用することが不可欠。まず、光、風、空気、水、音、緑等自然の持つ力を生かすためにその敷地の特殊性を把握することから始まる。建物が密集した劣悪と思われる環境の中でも必ず利用できる要素があるはず。機械的に作り出す環境では真の快適さは得られないので設備は補助手段と考えている。

推薦コメント(1)

推薦者:竹内裕二

建築家の重要な役割はプロジェクト全体をコーディネイトすること。建築主の夢、環境、経済性、施工技術等の要素をうまく組み合わせ、最大限の成果を引き出すこと。関口さんは優れたバランス感覚の持ち主で豊かな経験と技量でそれを実現している建築家です。

推薦コメント(2)

推薦者:山田孝一

真摯で誠実な姿勢で建築に取り組んでるプロフェッションです。建築単体だけでなく周辺環境にも配慮し、社会的な役割を果そうと努力している。その姿勢はまさにこの会にふさわしい建築家です。

顔写真
住宅系

箱崎の家

東京都中央区日本橋箱崎

都心の8階建て複合ビル(店舗+オフィス+住居)の上層を新しい住まいに作り替えることが主題でした。4人と1匹の家族が快適にすごせる環境にするためには、3層に分割された空間を連続する装置が必要とされた。 
3層メゾネットの中央がアプローチ階で、リビングとダイニングがある主空間とし、下階を主寝室と客間、上階を子供室とし、その中心を貫く階段を組み込んだ吹抜けスペースは、形態だけでなく、精神的にもこの住まいの支柱であり、形を替えた大黒柱として位置づけられている。この縦空間は光を取り込み、風を抜き、家族の気配を運んでくれる。

構造 鉄筋コンクリート
完成年 2003年
各階面積 地階 店舗/1階 事務所
2階 事務所/3階 事務所
4階 事務所/5階 住宅153m2
6階 住宅117m2/7階住宅50m2
延床面積 住宅 330m2
住宅系

杉並和泉の家

東京都杉並区和泉

28.5坪の敷地を有効に活用し、若い夫婦と2人の子供(設計開始時は1人だった)、+将来同居するかもしれない高齢者が住まうのに十分な空間を獲得することが主題だった。地下を趣味と将来のための多目的スペース、1階の玄関は土間の部屋とし、自転車の手入れ、ガーデニング、子供の遊び場となるよう計画した。2階が主空間で、その上にロフトが乗り、その外部に2層に渡るデッキが架けられ、さらに屋根の上には星見台と名付けられたデッキまで3層に渡っている。限られた室内スペースをその外部のデッキ空間が補い、全体としては実際の床面積以上にかなり広がりのある空間が獲得できた。又この囲われたデッキ空間は周囲の視線から室内を隠すことで、室内の十分な開放性が得られた。

構造 木+鉄筋コンクリート
完成年 2005年
各階面積 地階 24m2/1階 41m2
2階 41m2
延床面積 106m2
住宅系

那須の週末住居

栃木県那須郡那須町

豊かな自然の中に住まう価値はその環境の中に身を置いた時に、できるだけ囲われたことが意識できないで居られることと考えて設計を進めた。
但し、住宅が持っている本来の機能である安心感、安全性、あるいは落ち着きやぬくもりは確保しなければならない。そのためには壁と開口部の大きさと割合、その位置及び開け方が特に重要だった。室内から外部の見え方を優先し、外部からの見え方は最小限の考慮に留めた��斜面に基礎となるコンクリートのフラットなデッキを作り、その上に2階建て木造が乗っている。その構造を採用することで、斜面に張り出した大きなテラスの雨仕舞の処理が簡便になり、コスト低減にも繋がったと考えている。

構造 木造+鉄筋コンクリート
完成年 2003年
各階面積 1階 163m2/2階 148m2
延床面積 311m2

建築家とあうには