日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.014
住宅系

連 健夫

一級建築士登録番号 第16405号
所属事務所 有)連健夫建築研究室
事務所登録番号 東京都知事 第47765号
事務所所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂6-4-11  ドミエメロード305
電話番号/FAX番号 03-5549-9887/03-5549-9889
E-Mail takeo@muraji.jp
URL http://www.muraji.jp
学歴・職業暦

1956年京都市生まれ、多摩美術大学卒業、東京都立大学大学院修了の後、建設会社、建築設計部に10年間勤務する。胃の手術がきっかけとなり1991年に渡英、ロンドンにあるAAスクールに留学する。AA大学院優等学位取得の後、同校助手、東ロンドン大学非常勤講師、在英日本大使館技術嘱託を経て1996年に帰国、有限会社連健夫建築研究室・一級建築士事務所を設立する。
設計活動の傍ら、ルーテル学院大学やかわさき市民アカデミー講師など教育にも関わり、福祉のまちづくりやバリアフリーデザインなどを教えている。
施主とのコミュニケーションを大切にし、コラージュ(切貼り絵)や模型など分かりやすい方法を用いて、個性ある家・建築を設計している。また創造性、設計プロセス、建築教育に興味を持ち、海外の建築家の協力を得て建築ワークショップを続けている。主な作品に、「プレゲンス邸」、「竹のチャペル」、「尾張屋」、「すっぴんの家」、「ルーフデッキのある家」、「光と車の家」など、「白鴎大学はくおう幼稚園おもちゃライブラリー」にて、栃木県建築景観賞、芦原義信奨励賞、こども環境学会デザイン奨励賞を受賞、「ルーテル学院大学新校舎」は2006年日本建築家協会優秀建築選に選ばれた。主な著書に、「心と対話する建築・家」「イギリス色の街」(技報堂出版)、「対話による建築まち育て」(共著、学芸出版社)、「高齢者施設の個室ケアマニュアル」(共著、中央法規)、「学校の多目的スペース」(共著、彰国社)などがある。

推薦コメント(1)

推薦者:今井 均

連さんの仕事はまず見て楽しいというイメージがあります。住宅では施主とのコミュニケーションから生まれるオリジナリティあふれる作品が多く、常にそこからは生き生きとした生活を感じさせてくれます。

推薦コメント(2)

推薦者:田口知子

連健夫氏は、建築家として誠実で真摯な精神をもって、ものづくりに向かっている人だと思います。特に、クライアントやユーザーの心を大切にし、子供の夢や遊び心を失わない建築空間を実現すべく、たゆまぬ努力をされていると感じています。

顔写真
住宅系

すっぴんの家

神奈川県川崎市麻生区王禅寺

3方向に開けた敷地特性を活かすと共に、コラージュからのヒント、「和風」「風通し」「格子」「水滴形」をデザインに反映させました。和風の要素である土間と縁側を配し、2階のリビングには現しの梁を用いました。1階は矩形で構成されていますが、2階は曲面の壁を用い水滴形となっており個性的な外観となっています。西側には木格子を用い、日差しを和らげると共に、風通しの良いベランダとなっています。施主が作ったタイルを壁や床にランダムに貼り、手作り感あふれる家となりました。また陶芸家製作による水鉢やネオンアーティスト製作による照明器具や現代芸術家による日除けの陶布など、アーティストの参加も特徴となっています。

構造 木造2階建
完成年 2001年
各階面積 1階 83.01m2/2階 61.07m2/
小屋裏22.64m2(延床に含まず)
延床面積 108.27m2
住宅系

ルーフデッキの家

神奈川県川崎市麻生区虹ケ丘

ひな壇敷地の眺望を活かすと共に、ご主人のコラージュにおける四角形と曲線との構成をヒントに1階に矩形の部屋を、2階に曲面屋根のリビングを配しました。奥様のコラージュに表現されたデッキのイメージをヒントに、リビングに繋がる眺望の良いルーフデッキを設けました。ローコストであると共に趣のあるデザインを目指すべく様々な工夫を行ないました。外壁の下地を内壁として利用することにより空間を広く使うことができるといった工夫や外壁の一部に透明材を用い窓枠を用いずに自然採光を取り入れるという工夫などです。カメラマンのご主人のためのスタジオを独立した建物として設けていますが、全体として一体に見えるような特徴あるデザインとなっています。

構造 木造2階建
完成年 2003年
各階面積 1階床面積 63.23m2/2階 54.18m2
/小屋裏17.95m2(延床に含まず)
延床面積 117.41m2
住宅系

光と車の家

東京都町田市三輪緑山

敷地は町田市郊外の閑静な住宅地にあります。ご夫婦と2人の娘さんの4人家族、ご主人は大の車好きで、愛車、マセラティを身近に感じられる家が求められました。
1階に配したガレージの4周にガラスを用い、正面、アプローチ、玄関ホール、寝室から車を眺められることのみならず、2階のリビングに透明の床を用いることにより、上からも車を眺められるようにしました。施主の嗜好や意識をデザインに取り入れるべく作ってもらったコラージュから、「車、メカニック、木格子、円形、光、空」などのキーワードが得られ、これをヒントに木格子のベランダや丸窓、木の列柱のアプローチなどをデザインしました。
吹抜けのあるリビングは高窓や和室の丸窓など様々な所から光が入って来ます。
子供部屋から梯子で小屋裏に上がり、そこから屋上に出るなど動線的な面白みも工夫しました。

構造 木造2階建
完成年 2006年
各階面積 1階 49.69m2/2階 55.90m2
小屋裏 20.50m2(延床に含まず)
延床面積 105.59m2

建築家とあうには