日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向けに建築や住宅についての相談を受け、建築家選びのサポートを行うサイトです。

建築家リスト

住宅系 ・・・住宅系 商業・生産系 ・・・商業・生産系 保存・リノベーション系 ・・・保存・リノベーション系
公共・教育・福祉系 ・・・公共・教育・福祉系 まちづくり系 ・・・まちづくり系    
File No.002
住宅系

左 知子

一級建築士登録番号 大臣登録 第105500号
所属事務所 (有)左知子建築設計室
事務所登録番号 東京都知事 29509号
事務所所在地 東京都千代田区富士見1-3-11 デュプレックスビズ 705
電話番号/FAX番号 03-3230-4831/03-3230ー4832
E-Mail hdr@hidari.co.jp
URL http://www.hidari.co.jp/
学歴・職業暦 1971年 日本女子大学住居学科卒業
1975年 瑞木工房設立
1989年 左知子建築設計室として法人化
受賞暦:千葉市優秀建築賞住宅部門(1996)、鉄道建築協会賞佳作(2006)
他資格:1級造園管理技師
所属団体:日本建築学会・日本マンション学会

住宅設計へ思うこと
便利で機能性を追及してきた私達の生活ですが、得ることができた結果の代わりに失ってしまったものも多いように思います。豊かで心地よい空間が、必ずしも機能的ではないことをもう一度考えながら、生活を見つめて生きたいと思います。住まいが楽しければ、生活も楽しく、住まいに愛情を持てるようになれば、家族への愛情も育まれていくはずと思います。耐震を兼ねたリフォーム工事も増えてきているのは、スクラップアンドビルドへの反省が目に見えてきている現象として歓迎したいと思います。
推薦コメント(1)

推薦者:松枝雅子

委員会のリーダーとして認められている能力は、住宅の設計にとっても欠かす事のできないものです。 氏は、住宅設計の依頼である注文主の意向を、丁寧に聞き、施主の気持ちをよく理解し、それを住まいにまとめ、シンプルで凛とした中に、優しい配慮と住む人を彷彿させる美しいデザインの住宅を設計する事ができる数少ない女性建築家です。

推薦コメント(2)

推薦者:今井 均

建築家 左知子さんを推薦します。建築家が住宅を設計する上で依頼者の夢や希望を配慮する事は当然でしょうが、それをデザインしていく段階で理論的に組立,納得いく説明が出来、依頼者が安心して前向きにプランに取り組める事が大切と思います。その辺りの設計を充分心得ている建築家だと思っています。

顔写真
住宅系

土浦のコートハウス

茨城県土浦市

土浦市には位置するが、つくば学園都市から目と鼻の立地である。
イタリアでの任務を終えた後に生活するための住まいである。囲われた中庭は、イタリアらしい演出のためでもあるが、奥行きのある住まいの採光と通風を、充分に取るための術でもある。木と石と左官壁それぞれの材質感には、細心の注意をはらった。内部の手持ち家具が重めになるので、外装のタイルも、押し出し版のはめ込みタイプで、木造の軽さをカバーするように配慮した。

構造 木造2階建て
完成年 2001年
各階面積 1階 109.84m2/2階 57.97m2
延床面積 167.80m2
住宅系

農家の離れ舎

千葉県成田市

広い敷地に藁屋根民家を移築した母屋があり、庭を挟んだ南端に一間だけの平屋があった。家督を譲ったものは離れの隠居舎に住まうのがこの地方に残る風習である。当代の御主人がその準備としてここを建替えられた。1階は農作業も可能な2台分の車庫スペースと玄関、納戸である。2階は、8帖二間に小さな水屋と広めのトイレがあるが風呂場と台所は無く、日常は母屋で過ごし、就寝時にここへ移動する。70歳を超えた住人のためにはホームエレベーターが設置されているが、今は階段が主動線である。施主の意向で、本の土壁を混入した材料で2階の外壁を塗り、1階の外壁、室内の木材、共に極力、地元杉を利用した。杉材の床は傷つきやすいが、素足に柔らかい。柔らかな素材は、住む人の心を柔らかくする。屋根の棒引きの瓦棒巾は90㎜とし、大和葺き風ののんびりさを期待した。

構造 木造2階建て
完成年 2003年
各階面積 1階 63.75m2/2階 58.78m2
延床面積 122.53m2
住宅系

北千住の2世帯住宅

東京都足立区

三角の角地を含むエル型の敷地に、昔過ごした一家が戻ってきたという設定である。北千住の駅には近いが、下町の住宅地の始まりのような地域である。黒い板材風で仕上げられた外観は、この地域にあってはすっぽりと収ってしまって昔からずっと存在していたようだ。 2階の世帯は、まだお子さんが小さく、中央にしつらえたキッチンカウンターを中心に、大きな空間のまま生活され���い�������ロ������への収納階段の取り付け用架構がリビングキッチンに張り出しているが、リビングの高窓は、この階段を利用して開閉する。 夏の通風が良く涼しいのは勿論だが、冬の暖房も床暖房されていないままで充分暖かいといわれている。カーテンも白に近い素材を使用されているので、実面積よりさらに広く感じられる。

構造 木造2階建て
完成年 2001年
各階面積 1階 77.95m2/2階 91.95m2
延床面積 169.90m2
建築家とあうには