TOPごあいさつプログラムスケジュール会場マップ参加申込書


オープニング・セミナー
「写真家『飯田鉄』の目で見たまちかど」

 

 

 

今回は、写真家・飯田鉄氏に写真家が見る「住宅の存在の仕方や、まちのたたずまい、まちかどのすがた」について、事例をまじえてお話をいただきます。また建築家で写真にも堪能な兼松紘一郎氏にコーディネーターになっていただき、銀座における新しい発見に繋がる「住まい×街かど」について議論をしていただきます。楽しく意味のあるお話になるのではないかと思います。是非とも、お誘い合せのうえ、多数の方々のご参加をよろしくお願いいたします。なお、引き続き、場所をかえて、オープニング・パーティーも開催いたします。併せて、ご参加のほどお願いいたします。

 

 

 

● 主催: JIA AG実行委員会/交流委員会セミナー実行委員会
● 講師: 飯田鉄氏(写真家)
まちかどの眺めは面白い。いつも新しいものと古いものがスレ違い、異なるものがぶつかり合う。そこに佇むと泡のような砂粒のような私たちはいくつもの不思議な謎に出会うことができる。

コーディネーター:兼松紘一郎氏(建築家)
都市に内在する「まちかど」は意味深で、建築家がよく使う「都市」よりも、人間臭さのある「都会」という言い方の方が馴染みがいい。迷路のような路地、「家」(住宅でなく「いえ」のほうがいい)やビルや祠があり、突然学校が現れたりする。そこには恋があり憤怒(古い言葉だなあ)や悲嘆もあるが、モダニズム的なシャープな改革志向も見え隠れする。街を歩く写真家は、そういう「都会」を見据えて「まちかど」の写真を撮っているような気がする。
● 日時: 10月20日(木)15:00〜17:50
● 参加費: 3,000円
● 会場: 京橋プラザ区民館
東京都中央区銀座1−25−3 TEL 03-3561-5163
● CPD単位: 2単位
  前のページに戻る詳細チラシ・申込書(PDFファイル)



前のページに戻る

Copyright (C)The Japan Institute of Architects Kanto-Koshinetsu Chapter.